任意整理

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を介さずに債権者との交渉により債務の額を確定し弁済方法について和解すること。任意整理債務者本人がすることもできますが、裁判所を通さない「私的な」債務整理なので、債務者本人の交渉には応じてもらえないケースが多く、応じてもらえたとしても債権者有利の合意内容になってしまいがちです。

 任意整理をしようとする債務者の方は、弁護士や法務大臣から代理権を付与された司法書士(認定司法書士)などの専門家に依頼したほうがよいでしょう。

 任意整理をする場合は、すべての債権者との合意が必要になり、返済期間もあまり長期になると業者は応じてくれませんので、3年程度が目安となります。

法令  - 
対象者 利息制限法を超える利息での支払いをしている(いた)人で、債務の減額をはかりたい人
手続き開始要件 債務の減額を相手方に要請するとき
手続きの概要 利息制限法の法定利息に基づき「引き直し計算」を実施して超過した支払がある場合、弁護士・司法書士に依頼して相手方(債権者)と債務の減額や返済方法につき交渉してもらう。交渉が成立すると債務の減額が図れる
手続きする場所 任意
手続き期間 おおよそ2カ月。
おおよその費用 弁護士報酬の場合、10万円 - 50万円。司法書士報酬の場合2万円 - 30万円の着手金と減額報酬がある場合はそれを支払う必要がある。
成立の効果 交渉が成立した債務の減額や返済方法などは、合意書として契約が交わされ、契約を持って法的な拘束力を持つ
成立の要件 相手方の同意
手続きの特徴 他の債務整理方法と比較するともっとも手間がかからない
代理人の資格 弁護士・簡裁訴訟等代理業務取扱認定司法書士※ただし、左記司法書士の取り扱える請求金額は140万円未満
その他 相手方が交渉に応ずる強制力がない。



































  • 最終更新:2017-06-30 15:48:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード