任意整理の流れ

任意整理の流れ

ほとんどの場合、自分で交渉しても相手にされないことが多いため、弁護士か司法書士に委任することになります。

債務整理に強い弁護士・司法書士を探すなら

全事務所通話無料・地域別で探せる

1. 借金について弁護士・司法書士に相談する
現在の収入、月々の返済額、借金の総額など、できるだけ細かい内容を伝え、実際に任意整理が可能かどうかの判断を行ってもらいます。状況によっては任意整理以外の方法を検討しなければならない場合もあります。

2. 弁護士・司法書士に依頼し、受任契約を行う
任意整理の手続きを進めることが可能であると判断した場合、実際に手続きを進めていくことになります。

3. 弁護士・司法書士が債権者に受任通知(債務者の代理になったという通知書)を発送
任意整理の手続きを受任したことを各債権者にお知らせします。

4. 直ちに借金の返済がストップし、各債権者からの請求がとまる
受任通知を受け取った債権者が借金の催促を行うと、業務停止等の罰則がありますので、督促行為は行えなくなります。

5. 弁護士・司法書士が債権者に取引履歴の開示を求める
弁護士・司法書士が請求することにより、貸金業法によって義務付けられているので必ず開示しなければなりません。

6. 任意整理の和解案(返済プラン)を作成
取引履歴を元に、利息制限法に基づいた引き直し計算を行います。法律上正確な債務額や過払い額がわかります。

7. 弁護士・司法書士が債権者と交渉する
今まで法定利息を超えて返済してきた分に関しては元金に充当して債務額を減らすように各債権者と交渉し、減額後の債務額に対して利息をカットして返済していくような契約を各債権者と締結します。

8. 債権者の同意が得られたら和解成立
法律上の債務額を元に一社一社と減額交渉し、和解成立した債権者から弁済を始めます。

9. 任意整理の和解案に沿って、今後、返済をスタートする
原則3年(36回)とし、事情によって長期の分割返済も可能になります。また、過払い金があった場合、債権者から過払い金が振り込まれます。


弁護士か司法書士と委任契約をします。委任契約が完了すると、弁護士か司法書士から債権者に受任通知が発送されます。
この時点で、債権者からの請求は止まります。

面談を行い任意整理手続きを行うことに納得し、相談相手が信頼に足る場合は、正式に弁護士司法書士に任意整理の依頼をします。

依頼を受けた弁護士・司法書士は受任事実を以って消費者金融事業者、クレジット会社などの貸金融事業者と債務減額等の交渉を行います。
結果相手方との和解が成立したら合意書を作成の上返済新たな内容での返済が開始されるということとなります。
交渉が決裂した場合は、改めて、その他の自己破産個人再生(個人版民事再生)他の債務整理手続きを検討することとなります。


099_11.gif



債務整理とは



  • 債務整理用語集
   あ行か行さ行
   た行な行は行








  • 最終更新:2014-07-18 09:48:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード