出資法 (しゅっしほう)

正式名称は「出資の受け入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」。貸金業法の改正前まで、多くの業者が罰則のない利息制限法の上限(15%~20%)を超え、罰則がある出資法の上限(29.20%)を超えない範囲(=グレーゾーン金利)で貸付を行っていた。





099_11.gif

  • 最終更新:2013-09-24 10:47:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード