利息制限法 (りそくせいげんほう)

貸金業者が貸付を行う際の金利の上限を定める法律。上限金利は15%~20%。過去に返済した借金の中で、利息制限法の上限金利を越えている場合は「過払い金」として返還請求を行なえる。





099_11.gif

  • 最終更新:2013-09-24 11:07:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード