過払い請求の流れ

過払い請求の流れ

1.専門家への依頼=受任通知発送
まずは、弁護士・司法書士に相談。依頼が決定すると、弁護士・司法書士から、受任通知債権者に発送されます。債務が残っていた場合、受任通知債権者に到着すると、取立がストップします。

債務整理に強い弁護士・司法書士を探すなら

全事務所通話無料・地域別で探せる

2.取引履歴の請求→入手
弁護士・司法書士から、債権者に借金と返済の取引履歴が請求されます。

3.利息制限法に基づく再計算
取引履歴が弁護士・司法書士の手元に届くと、利息制限法に基づいて再計算されます。その結果、法律上過払い金がいくらかがわかります。

4.専門家と金融機関の間で交渉
法律上の過払い額を元に、弁護士・司法書士が債権者と交渉します。交渉が決裂すると裁判になる場合もあります。

5.合意→和解書作成
返金に関して合意ができると、弁護士・司法書士と債権者との間で和解契約書が作成されます。裁判になった場合も数回の口頭弁論の後、和解する場合がほとんどです。まれに判決になるケースもあります。

6.過払い金の取り戻し
業者から過払い金が振り込まれます。通常は、一度弁護士・司法書士に振り込まれ、他業者に対する債務等の精算後、依頼者に振り込まれます。



請求の結果、消費者金融事業者・クレジット会社・貸金融事業者などの相手方が素直に応ずれば和解となり、合意書が作成されたのちに過払金の返還が成立します。
和解が成立しない場合は訴訟手続により返還を請求することとなります。


099_11.gif



債務整理とは


  • 債務整理用語集
   あ行か行さ行
   た行な行は行








  • 最終更新:2014-07-18 09:56:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード