過払い請求・訴訟の費用

過払い金返還請求にかかる内容証明・配達証明郵便費用

内容証明・配達証明郵便には、通常の郵便代金80円に内容証明料420円と配達証明料300円が加算された合計800円の費用がかかります。

訴訟にかかる手続き費用

訴訟にかかる費用については以下のものがあります。

  1. 申立て手数料
  2. 当事者・代理人などの交通・宿泊費
  3. 訴状他裁判所に提出する書類の作成・提出の費用
  4. 各種証明書の交付にかかる費用
  5. 裁判所が登記・登録を嘱託する費用や登碌免許税などがかかります。

申立手数料は、訴訟の目的とする額に応じて代わり、100万円までの場合は10万円ごとに1,000円、100万円-500万円までは20万円ごとに1000円を加算、500万円-1,000万円までは50万円ごとに2,000円を加算、1,000万円を超えて10億までは100万円ごとに3,000円を加算して算出します。
例えば、訴訟請求額が250万円の場合は1万8千円(100万円まで1万円+200万円まで5,000円+260万円まで3,000円)が必要となります。

債務整理に強い弁護士・司法書士を探すなら

全事務所通話無料・地域別で探せる

弁護士の報酬

弁護士の報酬として日本弁護連合会が公表する2008年度版報酬アンケートの回答を引用すると、着手金として10万円前後-30万円前後の回答がほとんどで、過払い金回収後の報酬金として10%-20%が9割弱を占めていますが、30%前後の報酬金を回答している弁護士も11.3%います。
報酬は請求相手先の状況によって回収難易度は変わることの注意書きもあります。


司法書士の報酬

平成20年1月に日本司法書士連合会が実施した報酬アンケートでは個人破産免責事件の報酬額を全国のエリア毎に公表しています。

それを引用すると司法書士の報酬は、着手金として4千円-17万円と幅広い結果となっており、報酬金は2.5%-20%とこれもまた幅広い結果の回答となっています。




債務整理とは


  • 債務整理用語集
   あ行か行さ行
   た行な行は行






  • 最終更新:2017-06-30 16:16:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード